屋根の葺き替えと壁の塗装

おはようございます。

富士宮、富士市の稲葉建装です🏠😊

そろそろ梅雨入りでしょうか?

外回りの仕事が多い業種にとっては嫌な時期になってきました😱

梅雨入り前に屋根の葺き替え壁の塗装工事を終えました、富士宮市の外神のA様邸です。

和風の瓦にモルタルの壁のお宅でしたが、地震などの心配もあり、軽いガルバリウムという板金屋根で15年耐久性のあるものに交換。

外壁もラジカル塗料という、10年以上の耐久性のある塗料を塗装しました。

富士宮では6年前に大きな地震があり、その後やはり地震の心配から屋根の葺き替えをご希望される方も多いです。

瓦の重量を考えると、軽いガルバリウムの素材であればその心配も無くなりますので、オススメです😌


重たい瓦を下ろしてみるとこんな感じでした。

瓦を下ろした下地の板は傷んでいるので、新しいものをこのように上に貼り付けて下地を作り直しました。
防水シートをはり、防水性をあげます。


これが、屋根材のガルバリウム板です。採寸カットのためにひっくり返してありますが‥。


カットしてこのように下から張り込んでいきます


重ねて張り込んで細かなところを収めるとこのように屋根が出来上がります😊

こちらは塗装。痩せてしまった壁にまずは下地処理剤を塗装していきます。そこからお客様が選んだ色やタイプの塗料を塗装していきます。塗装工程は3回から5回まで様々です。

こちらはサービス工事のベランダ上のポリカの交換です😊☝️


こちらは樋交換☝️

屋根の張替えや塗装工事で一緒にオススメするのは樋の交換です☝️樋は雨水が流れ、日にもあたり弱くなって割れたり広がったりしてしまいます。雨がうまくそこにおさまらない状態が出てきますと、壁に流れ込んだり屋根の隙間に流れたりと住宅を痛める原因にもなりますので15年前後塗装などをしていないようであれば交換をオススメします。


屋根の隙間にきちんと合うように傾斜な角度を確認して取り付けていきます

施工前

施工後
この他、洋室の床の張り替えや階段下の収納棚などの工事もさせて頂きました。

とても素敵なお施主様ご夫婦で

穏やかにニコニコと良かったわぁ〜😊と喜んで頂きましたこと、何よりうれしい言葉でした☺️

ありがとうございました😌